F3B大好き!!! Flight Log

  私およびKMGA(上里模型グライダー協会)のフライトログです    

土曜日, 9月 30, 2006

   

全日本F3K第3戦(最終戦) 9月30日(土)

天候:曇りのち晴

私は競技をするほどの腕も機体もありませんので不参加でしたが、全日本F3K最終戦が上里で行われました。

結果・レポートは「木村クラフト」・「Model SailPlane Workshop」をご覧ください。

   

日曜日, 9月 24, 2006

   

来週の準備 9月24日(土)

天候:快晴 東の風1~3m 気温25℃

 抜けるような青空で午前中はサーマルだらけ、昼過ぎは気温が上がって若干サーマルは飽和気味でしたが、調整には
バッチリの日でした。
 来週の準備で、岩田さんと竹内さんは一日中草刈に精を出し、残りはフィールドのマーカー(150m、205m)の整備を行いました。
 フライトはタスクAが中心でしたが、岩田さん、中村さんはスー
プラ+ショックコードでF3Jの練習、朝妻さんはHLGとStingの調整、伊東さんはご子息の指導、タスクCはサーマルタスクAで満足できなかった斎藤さん、遠藤さんに飛ばせばMAXの池さんが1~2本、嘉部さんはタスクBの練習と各自思い思いのフライトで16時過ぎには終了となりました。
 本日の参加者:岩田さん、朝妻さん、池さん、伊東さん一家、遠藤さん、嘉部さん、斎藤さん、竹内さん、中村さんと私(宮川)
写真は朝妻さん提供


   

土曜日, 9月 23, 2006

   

秋を感じた飛びっ子! 9月23日(土)

少し曇りがちですが感じる風は明らかに秋でした。秋、近しなのにメンバー少なくちょっとさみしい。
合間に岩田さんが持ち込んだ飛びっ子で幼少にタイムスリップです。捻じりさげ、上半角、バラスト・・・・・とF3B機にまけない理論、工夫でした。11月5日に子供たちと飛行会予定だそうです。
本日の参加者(左から)岩田さん、中村さん、西村さん、池さん、島根さん。
西村さんの膝に乗ってるのが飛びっ子です!。報告・撮影 木川田


   

土曜日, 9月 16, 2006

   

少々寂しかった 9月16日(土)

天候:曇り 東の風1m→北西2m 気温 23℃

 11時少し前に飛行場に着くと、遠藤さんと中村さんの2人だけで、一寸肩すかし、明日は飛行場閉鎖なので大勢の参加が見込まれましたが、6名と少々寂しい日でした。天候も曇り一時晴の予報でしたが雨がパラついたり、風も安定しないし、サーマルも薄いという少々寂しい日でした。
 天田さんがグラファイトⅡ+ショックコードでF3J日本選手権に向けての調整を離れた場所で1人で行って、他の5人はタスクAを数本、タスクC6本と約10フライトして少々暗くなってきた17時過ぎ終了となりました。タスクAは何とか10分、タスクCは18~22秒でこちらも少々寂しかったです。

本日の参加者:右から天田さん、木川田さん、中村さん、西村さん、遠藤さん、私(宮川)


   

日曜日, 9月 10, 2006

   

すごーく暑い、予報だと34度でももっとあったかも 9月10日(日)

9月10日(日)、晴れ、東の風1~3m  管理責任者  池 光政

参加者 西村公男、岩田仁巳、島根孝昌、桜井英世、下田多門、飯島友彦、加藤健、斉藤真一、池 光政の9名

すごーく暑い、予報だと34度でももっとあったかも、
午後2時頃まで滞空練習、長時間滞空に挑戦した島根さんが1時間は超えそうなフライトだったのですが送信機の充電が充分でなかったようで電圧降下の警報が鳴り出しあわてて超高空から24分余りで降ろしました残念。
2時以降スピードの練習を少し、なんせB級、C級クラスの練習なのでタイムはさっぱり、報告出来るようなものではありませんでした。

岩田さんはスープラなのに滞空で苦労していました(どうも岐阜県庁の裏金問題が気になって集中できないようでした)。
桜井さんは2mと普段飛ばしていないF3B機を奥さんを思い出しのか、たまには古女房も可愛がってやらないとといいながらのフライトだったのですが機体をかたずける時に、でもやっぱり新しい(若い)方に目(気)いってしまうんだよねーとも、1人暮らしも楽しそう~
クイックカップ初代チャンプ、A級の斉藤さん今日はフライトなしで1日中、修理塗装をしていました、修理できる機体、修理不能な機体、一体何機やっつけてきたのか??チャンプへの道は遠く厳しい。 

       

関西訪問 9月9日(土)

天候:曇り時々雨 南の風3m→

 7日(木)8日(金)と関西出張だったので、星島さんに案内をお願いして「加西」、「深山」と「亀岡」を訪問させていただきました。飛行機はミニグラファイトを星島さんに送っておきました。
 まず、午前中にお邪魔した加西ですが想像していたよりも立地条件がよく、衣笠さんが常用草刈機により草刈をされていました。1フライトしたところで宇都宮さん登場、風は正対していて良く上がるのですが雨が時々ぱらついて落ち着いてフライト出来ません。早めの昼食をとって片付け、深山に向かいました。
 深山には約2時間掛かって到着。大勢の方がお見えになっていましたが、風が強くフライトされている方は少なく、さらに私のミニグラファイトは軽量機のためF3B機に比べると前縁が弱いので木の枝などに当てると壊れ易いので、自重したほうが良いのですが、フルバラストでフライトさせてしまいました。1回だけフライトして笹の中に突っ込ませて無事回収、亀岡に向かいました。
 亀岡は橋本満さんの別荘で伺った時は芝生の手入れをされていました。その後、電動のスタント機、星島さんとモーターグライダー2機をその庭でフライトさせました。10日の朝も6:30頃からフライトされていましたが、9時過ぎには土砂降りの雨となり橋本邸を後にし午後3時ごろ自宅に到着しました。
 今回は本当に星島さんに大変お世話になりました。


   

土曜日, 9月 09, 2006

   

上里は不快指数120%!? 9月9日(土)

高橋の9/9飛行場管理当番報告です。

朝の雨が止んでも雲が低く、風が無く湿度も飽和状態で草の露が帰る時まで変わらずビショビショ、不快指数120%の蒸し風呂のような1日でした。

F3Jの練習を手曳きではとても体力が持たないので、天田さん、中村さんと私はショックコードで専ら飛行練習。桜井さん、遠藤さんがウインチを設置したので、岩田さんはSUPRAでもそれに便乗。歩かないと腹が引込まないよ!
陽射しが殆ど無く、風も時折り1m程度でウインチでも10分は中々飛ばない条件でしたが、ショックコードの離脱高度7、80mで3分滞空を目標に競う中、天田さんのスープライト(スープラ胴+グラファイト翼を勝手に命名)で5分は見事でした。
如何にロス無く僅かなサーマルも逃さない飛行をするか格好の練習日でした。
それにしても夕方まで蒸し蒸しの一日でした。

本日の参加者:天田、岩田、遠藤、桜井、中村それに高橋の6名

以上、報告終わり。(現場写真なし)

   

日曜日, 9月 03, 2006

   

夏が帰ってきた!? 9月3日(日)

天候:晴 西の風2m→東の風3m 気温32℃

天気予報では爽やかな行楽日和ということでしたが、飛行場は日差しが強く、夏が帰ってきたようでした。
今日の初飛行は中村さんのスープラで1780gだそうです。
岩田会長の一声で長時間滞空をしましたがサーマルは大きな周期で発生していてだめな時は3~4分台で降りてしまうこともありましたが、3~40分のフライトを皆さんしていました。日差しが強くテントの下からフライトしている様子です。
午後は中々テントから出られませんでしたがF3J機グループは滞空、F3B機グループはタスクCを練習、最後はカンザシを忘れた飯島さんが同じ機体の木川田さんから借りて、連発でフライトして本日は終了となりました。

本日の参加者:岩田さん、天田さん、飯島さん、嘉部さん、木川田さん、
斎藤さん、中村さんと宮川の8名


   

土曜日, 9月 02, 2006

   

一寸秋めいてきたかな? 9月2日(土)

天候:晴のち曇り 東の風1~3m 気温30℃

 ずいぶん風が爽やかになり雲も一寸秋らしい形になってきました。午前中は特にサーマルが発生しており、Co9もサーマルで良く上がりました。午後はいつものとおりタスクCの練習で橋本さん、濱田さん、遠藤さんがF3B機で、私が2m機でみっちり練習しました。その間、加納さんはトリニティF3BとシャドウF3Jで、久代さんはトニー2mをフライトさせていました。
 途中で自衛隊のバートルが飛行場の上空を何回か旋回して行きました。

本日の参加者:岩田さん、遠藤さん、橋本さん、濱田さん、加納さん、久代さんと宮川の7名







Archives

1月 2006   2月 2006   3月 2006   4月 2006   5月 2006   6月 2006   7月 2006   8月 2006   9月 2006   10月 2006   11月 2006   12月 2006   1月 2007  

This page is powered by Blogger. Isn't yours?